Q8:5年前に嫁が半年ほど他の男性と同棲していました。今からでも慰謝料請求することはできるのでしょうか?

浮気が原因の慰謝料請求は、3年の消滅時効の対象となります。つまり、5年前に嫁がある男性と半年ほど同棲していた事実を当時あなたが知っていた場合、もう、あなたはその男性に慰謝料請求することはできません。すでに3年の消滅時効が完成しているからです。3年の時効の起算点について、判例は次のように言っています。「一方の配偶者が右の同棲関係を知った時から、それまでの間の慰謝料請求権の消滅時効が進行すると解するのが相当である。」「一方の配偶者は、同棲関係を知った時点で第三者に慰謝料の支払いを求めることを妨げられるものではないからである。」つまり、不貞行為の存在と相手が判明しているのであれば、そのときから慰謝料請求ができるのだから、それは3年以上放置してはいけませんよ、もう時効にかかりますよ、、、、ということなのです。

  • 不倫・浮気に対する慰謝料請求に関する相談受付中!TEL:03-3248-2785
  • TOPへ戻る