Q4:私は結婚しているのですが、職場で既婚男性と仕事を通じて好意を持つようになり、どちらからともなく交際をするようになりました。お互い既婚の身ではありますが、将来は今の主人と離婚して彼と結婚したいと思っています。ところが、この関係が彼の奥さんにばれてしまい、慰謝料請求をされています。どうしたらいいでしょうか?

A4.ダブルの不倫関係にあるわけですね。

まず、彼の奥さんに慰謝料が発生するか否か、つまりは彼の婚姻生活が破綻しているか否かが問題になります。仮に破綻していない状態であなたとの関係が発生したのであれば、慰謝料を払わねばなりませんし、あとはその金額を争う問題だけになります。

 

ところが、ダブルの不倫関係の場合、あなたのご主人も彼に対し、慰謝料を請求できる立場にあります。勿論こちらも、あなた達の婚姻生活が破綻していないということが前提です。あなたが、将来は今の主人と離婚して彼と結婚したいと思っているというところをみると、あなた達の婚姻生活は破綻しているのかもしれませんね。だとすると、あなたのご主人は彼に慰謝料を請求することはできないことになります。

仮に、あなた達の婚姻生活が破綻していない場合は、あなたのご主人も彼の奥さんも、それぞれ慰謝料を請求できることになります。2組の婚姻生活の長さ等が違えば、慰謝料の金額も異なってきますが、2組の一方にお互いに金銭のやりとりが発生することになるので、できれば、それぞれの配偶者の合意を取り付け、全体的な解決を目指し、今後は別れること、他言をしないことを条件に、ある程度の慰謝料をどちらかが払うという合意書を作成し、終了させることが迅速かつベターな解決でしょう。

 

ダブルの不倫関係は、今回の合意で終了させ、それぞれのご夫婦がもう一度真摯に向き合い、それぞれの結婚生活を充実させていくように努力をし、思いやりをもちながら、関係をやり直してみてください。何年か経過して、結局は離婚になってしまうこともあるかもしれません。結果がどうであれ、前を向いて、誠実に歩み続けてください。

 

  • 不倫・浮気に対する慰謝料請求に関する相談受付中!TEL:03-3248-2785
  • TOPへ戻る