Q59:平成31年2月19日に最高裁判所で、新しい判断が出たそうですね。「離婚慰謝料を配偶者が不倫した相手に請求できるか」という論点だということ。最高裁判所は、これを否定したそうですが、これについて教えて下さい。

質問

平成31年2月19日に最高裁判所で、新しい判断が出たそうですね。「離婚慰謝料を配偶者が不倫した相手に請求できるか」という論点だということ。最高裁判所は、これを否定したそうですが、これについて教えて下さい。

回答

新しい最高裁判所の判断です。2月19日に判示されたばかりで、判例の文言も、事案の概要もまだわからない、新聞報道レベルでの情報を前提としていますので、そのつもりでご覧ください。

 まず、この事案は、配偶者の不倫相手への慰謝料請求を否定したものではありません。配偶者の不倫相手への慰謝料請求は勿論、認められています。この夫婦は、不倫事件があったのち、5年程して離婚しました。

 ところで離婚の際、配偶者は違法性のある配偶者に対して慰謝料を請求できます。ですから、配偶者は不倫をした配偶者に離婚に際して慰謝料を請求できます。しかし、不倫事件がすでに終わって、不倫が解消されている場合、不倫相手は、離婚の慰謝料までは、原則として責任を負わないものとしました。ただし、不倫が解消されておらず、離婚させることを目的に夫婦関係に不当な干渉をするような「特段の事情」があった場合は、例外的に不倫相手にも、離婚慰謝料を請求できるとしました。

  • 不倫・浮気に対する慰謝料請求に関する相談受付中!TEL:03-3248-2785
  • TOPへ戻る