Q47:妻が既婚男性と不倫行為をし、既婚男性はその不倫が原因で離婚したそうです。私はその既婚男性に対して裁判を起こし、慰謝料150万円の判決をもらいました。ところが、今度はその既婚男性の妻から私の妻へ慰謝料請求の裁判を起こされました。判決はやはり150万円になるのでしょうか。

質問

妻が既婚男性と不倫行為をし、既婚男性はその不倫が原因で離婚したそうです。私はその既婚男性に対して裁判を起こし、慰謝料150万円の判決をもらいました。

ところが、今度はその既婚男性の妻から私の妻へ慰謝料請求の裁判を起こされました。判決はやはり150万円になるのでしょうか。

回答

既婚者の不倫の場合、慰謝料額が違うのはおかしいですね。でも、慰謝料額は、いろいろな事情を総合判断して決まるので、必ずしも、同じ額とは限らないのです。

たとえば、それぞれの夫婦の結婚年数(長い方が高くなりがちです)、子どもがいるか(子どもがいるほうが高くなりがちです)、離婚したか(離婚した方が高くなります)、どちらが積極的に誘ったか(主導的な方が高くなります。しかし、これはあまり差がありません)等の事情です。あなたは、なんとか離婚の危機を乗り越えたわけですが、相手の既婚男性の夫婦は離婚しました。したがって、あなたの精神的打撃より、あいての既婚男性の(元)妻の方が受けた精神的打撃は大きいと言うことになりましょう。それが金額的にいくらと換算されるかは事案によって異なりますが、当職が遭遇した事案では、ある裁判官は50万円と示唆していました。

したがって、あなたが150万円の判決をもらったのであれば、既婚男性の(元)妻は200万円の判決となるかもしれませんね(勿論他の判断要素が総合されますから一概には言えませんが)。

  • 不倫・浮気に対する慰謝料請求に関する相談受付中!TEL:03-3248-2785
  • TOPへ戻る