Q39:不貞慰謝料請求の裁判を起こされ、私は150万円を支払わなければならなくなりました。 結果については、私が悪かったので仕方がないと思っているのですが、その判決文には、「訴訟費用は被告(私のこと)の負担とする」という一文も付いているのです。私は、150万円のほかに、例えば相手(原告)の弁護士費用まで支払わなければならないのですか。

質問

不貞慰謝料請求の裁判を起こされ、私は150万円を支払わなければならなくなりました。
結果については、私が悪かったので仕方がないと思っているのですが、その判決文には、「訴訟費用は被告(私のこと)の負担とする」という一文も付いているのです。私は、150万円のほかに、例えば相手(原告)の弁護士費用まで支払わなければならないのですか。

回答

よく受けるご質問です。判決で負けた方に「訴訟費用は原(被)告の負担とする」という一文が付いていた場合、この「訴訟費用」とは何をさすのかがわかりにくいですね。これは、裁判所へ納める印紙代、郵券、証人の日当、資格証明書費用等を言います。弁護士費用は含まれません。ですから、裁判に負けたあなたは、相手の弁護士費用を支払う必要はありません。また、印紙代や郵券についても、通常の訴訟の場合、実際は、原告が訴訟提起時に支払い、それを負けた被告たるあなたに請求することもありません。無視してかまいません。ただ、請求額の中に弁護士費用が一部上乗せされている場合は、150万円の中に相手の弁護士費用が一部入っていることにはなりますね。けれども、それは訴訟費用ではありません。

  • 不倫・浮気に対する慰謝料請求に関する相談受付中!TEL:03-3248-2785
  • TOPへ戻る