慰謝料はどれくらい請求できるのか?

精神的苦痛を客観的に算定するのは困難であるため、明確な基準はありませんが、裁判においてどのような要素が考慮されるか、またどのくらいの請求が可能であるかは過去の裁判例からおおよその基準を見出すことは可能です。

算定に考慮される要素しては、

・離婚原因となった違法行為の責任の程度

・精神的苦痛の程度

・社会的地位や支払い能力

・請求者の経済的自立能力

・請求者側の責任の有無や程度

といったものが挙げられます。

 

現実的に裁判で認められる慰謝料は、最も事例の多い不貞行為の場合であっても300万円程度が平均的相場です。過去の裁判例を見ても、1,000万円以上といった高額な慰謝料が成立したケースはほとんど見られません。交渉に際しては、仮に裁判になった場合にはいくら請求できるかを踏まえ、早期解決とのバランスを考えて現実的な交渉を行ったほうがいいでしょう。

 

慰謝料請求をお考えの方は、一人で悩まず、まずは専門家に相談することをおススメします。当事務所の弁護士は不貞行為(浮気・不倫)に関する慰謝料請求の経験が豊富にあります。あなたにとって一番よい解決方法を提案します。お気軽にご相談ください。

  • 不倫・浮気に対する慰謝料請求に関する相談受付中!TEL:03-3248-2785
  • TOPへ戻る