浮気・不倫相手への慰謝料請求

配偶者の浮気相手に慰謝料請求をする際には、
最終的に裁判を起こすことも視野に入れ、早期に証拠の収集を行うことが必要になります。また、配偶者との離婚も視野に入れられている場合には、配偶者と浮気相手のいずれに対し慰謝料請求をするか、微妙な判断を迫られる場合もあります。

逆に浮気相手の配偶者から内容証明が届いた場合、相手の請求に法的根拠があるかについて精査することが必要になり、それによって請求を拒絶するか、話し合いに応じるかこちらの対応を決定することになります。

更に訴訟を起こされた場合には、こちらから何の対応もしないでいると、最終的に相手の請求を認める内容の判決が出る可能性もあります。

いずれにしても、相手方から何らかの連絡があった場合には、一度弁護士にご相談されることをお勧め致します。

  • 不倫・浮気に対する慰謝料請求に関する相談受付中!TEL:03-3248-2785
  • TOPへ戻る